80年代・女が語る - 現代女性作家研究会

女が語る 現代女性作家研究会

Add: idymude63 - Date: 2020-11-24 15:53:35 - Views: 1885 - Clicks: 2368

参考文献 『女?日本?美? 新たなジェンダー批評に向けて』, 熊倉敬聡、千野香織編, 慶應義塾大学出版会, 1999. 個人研究 映画『何者』にみる若者ことばの「中性化」 小林 美恵子 要旨 女性文末助詞「わ」「かしら」不使用など、日本語の中性化がいわれているが、 作家性が反映するTVドラマや映画では、自然談話よりも女性・男性形式の使用 が残っているという。. 80年代は女性史研究の黄金期で、女性が歴史の表舞台に登場し、膨大な研究成果が蓄積された。 その結果、女性の歴史的経験が明らかになり、従来とは異なる歴史像が提示されたが、にもかかわらず、女性史のめざした全体史の書きかえにはいたらなかった。. See full list on seeds. (3ページ目)「女の生」に寄り添った創作姿勢が共感を呼ぶ詩人、伊藤比呂美さん。離婚後、アメリカで3人の娘を育て上げ、28歳年上の.

80年代以降、現在のアメリカにおけるフェミニズム文学批評界は、70年代に書かれたすでに古典となりつつあるような、大御所の著書の経験主義などへの批判から、エスニシティ、階級、クィア理論などの要素を取り込んで多様化してゆき、混沌とした状況で. 研究グループ「フランス労働法研究会」、「現代フランス社会研究会」と改称 『女性情報ファイル』第55~58号、『女性空間』第15号(特集「女性と暴力」)発行. 現代イギリス女性作家を読む 責任表示: 現代女性作家研究会 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 勁草書房, 1991. See full list on ch-gender.

立命館大学大学院先端総合学術研究科院生によって年4月に始動。 現在休止中(ご興味のあるかたはメールください)。【〈戦後と女性〉研究会】. に漱石の女性観などについて言及する。 実のところ、漱石の女性像を分析するにあたり、三作品を選んだのには積極的な理由 がある。『心』に登場する静は漱石の全作品を通して結婚前と後の女性の描写がある唯一 の作品である。. 女性性の快楽を映像化するピピロッティ・リストがフェミニズムとの関係性でほとんど語られないことはその象徴と言えるだろう。 著者: 福住廉.

イギリス女性作家の半世紀 責任表示: 現代女性作家研究会編 出版情報: 東京 : 勁草書房, 1999. 90年代・女が拓く / 現代女性作家研究会, 宮澤邦子編 フォーマット: 図書 タイトルのヨミ: 90ネンダイ オンナ ガ ヒラク 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 勁草書房,. 4 形態: 5冊 ; 20cm 著者名: 現代女性作家研究会 書誌ID: BNフォーマット: 図書.

―なぜ今回は1970~80年代の女性アイドルをカバーすることに. 現代児童文学の時代を準備したのは、1950年代の議論でした。 童話の時代の作家たち、特に 小川未明 や浜田広介の仕事を批判的に検討するなかで、新しい子どもの文学が模索されました。. そして、いま再び作家の時代と言われる現代のアイドルソングとの違いとは?.

日本で最初に「ジェンダー」という語が翻訳導入されたのは、1984年、イリイチの著作を通じてである*(19) 。イリイチの著作の主眼は、産業化の進展とともに、前近代における男女のジェンダー役割が否定され、「ユニセックス化」が進展することへの批判にあった。「概して男は、女のやるしごとをやれるものではない* (20)」というのが、イリイチの基本的な考え方である。ジェンダー役割の固定化を理想化するようなイリイチのジェンダー理解が、フェミニズムのジェンダー理解とはまっこうから対立することは明白であろう。このため、日本ではジェンダー概念をめぐって、その後多くの誤解が生じることになった。. 「セクシュアリティ」sexualityの語義は必ずしも自明ではなく、訳語も統一されていない。斉藤光によれば、「セクシュアリティ」という語自体が、強い歴史性を帯びている。英仏では「セクシュアリティ」という語は19世紀に生まれた新語であり、19世紀末に「セックス」とは異なる現在の意味を帯びるようになる*(28) 。そのさい、「セックス」が、「生き物という存在に根ざす、雌雄的な、基本的に可視的形態的差異を中心として意味が構成」されるものであるとすれば、「セクシュアリティ」は、「人間の強力な、情動的な、そしておそらく身体的快楽と関係する、心身内的な他者存在指向の傾向性を中心として、それと関連する行為を含む」ものとされた*(29) 。上野千鶴子は、より簡明にこう定義する。それは、「性にかかわる欲望と観念の集合」であり、「人間の性行動にかかわる心理と欲望、観念と意識、性的指向と対象選択、慣習と規範などの集合をさす*(30) 」。 これらの研究が示唆するのは、「セクシュアリティ」は、社会によって規定されるものであり、身体と他者との関わりをその本質に含むということである。この語が19世紀末に可視. Pontaポイント使えます! | 70年代・女が集う イギリス女性作家の半世紀 | 現代女性作家研究会 | 発売国:日本 | 書籍 || HMV&BOOKS online 支払い方法、配送方法もいろいろ選べ、非常に便利です!. 恩田陸 (現代女性作家読本) 分担執筆 : 鼎書房 : 年02月 :: 13: 長野まゆみ (現代女性作家読本) 分担執筆 : 鼎書房 : 年10月 :: 14: 江國香織 (現代女性作家読本) 分担執筆 : 鼎書房 : 年09月 :: 15: 語る老女 語られる老女―日本近現代. 参議院女性議員懇談会と外務省抗議行動 【沖縄の慰霊祭に参加した韓国女性連合会4人が上京。参議院慰安婦問題女性懇談会に参加。日韓の女性約50人がこの懇談会に参加。閉会後、政府外務省へ抗議の示威行動と抗議文書を送った。.

酒井 文章の世界だと、女性の作家を「女流」と呼ぶ時代が70年代くらいまで続きましたが、80年代に入り山田詠美さんなど新しいタイプの女性. 女性学( じょせいがく、 ( ) 英: women&39;s studies; 仏: études féminines)とは、第二波フェミニズムから生まれた新しい学問領域であり、従来の男性中心主義的な学問の客観性・中立性を問い直し、これまで度外視または過小評価されてきた女性の存在、経験、問題・関心を顕在化、言語化、理論化. 日本におけるフェミニズム/ジェンダー研究成果の現在の到達点を示す『岩波女性学事典』(年)のなかで、江原由美子は、「フェミニズム」を「女性解放思想、あるいはその思想に基づく社会運動の総称」と説明する資料1-④* (2)。それは、「フェミニズム」の普遍的「定義」が困難であることを表明するものでもある。「総称」という一言は重い。「フェミニズム」には多様な理論と運動が含まれ、それぞれの社会の文化的歴史的背景に即して、理論と運動は異なる展開をとげてきた* (3)。また、運動を内包した結果、つねに最新の実践的課題をつきつけられ、その都度、フェミニズムの新潮流が生まれるとともに、既存潮流も変化していった* (4)。 「フェミニズム」は、一義的定義をすることができない、つねに変容をとげる歴史的諸潮流の複合体を意味する「総称」である。広義の共通点を求めるとすれば、「主体としての女性の形成」を追求する点であろう。しかし、「主体としての女性の形成」をめぐってすら、歴史的に方向性は大きく二分されてきた。フェミニズムはその起源から、「女性」という「性」の「再構築」と「脱構築」という課題のなかで. あなたは何人の現代アーティストを知っていますか? 「アートならどんなジャンルも任せて!」 そんな方もいれば、現代アートに少しニガテ意識を持っている方も多いのではないでしょうか。 「現代アート」は、同じアートの中でも特に事前知識がないと理解しづらいジャンルです。 しかし. 所属 (過去の研究課題情報に基づく):富山大学,人文学部,教授, 研究分野:日本文学,国文学, キーワード:ジェンダー,ドイツ,女子文壇,女性雑誌,小寺菊子,青鞜,森鴎外,演劇,翻訳文学,ジェンダー構成, 研究課題数:5, 研究成果数:106, 継続中の課題:森鴎外『椋鳥通信』に見る『スバル』『三田. イギリス女性作家の半世紀 4-80年代・女が語る 1999年 破壊と創造-ドリス・レッシング『黄金のノート』 『イギリス女性作家の半世紀 2-60年代・女が壊す』 勁草書房 1999年. では、そのような黒人女性の他者化に対して、フックスがどのように批判的介 入をおこなってきたのかを考察する。1980年代後半から1990年代における社 会・文化批評家としてのフックスの著作――Yearning: Race, Gender, and. 3潮流のうち、もっとも長い歴史をもち、フェミニズムの原型ともなったのが、リベラル・フェミニズムである。これは、第2波フェミニズムにおいても主流派を占め、法や文化における性的平等の認識を支配した。 全米女性機構の中心勢力をなすリベラル・フェミニズムは、「性的平等」の権利を、「性別に基づき他者と異なる扱いをうけることはないという個人の権利」と定義する。それは、女・男のいずれもが「女」「男」という集団として扱われることを否定し、個人として権利を保障されるかどうかを問う姿勢につながる。したがって、平等が達成されるのは、集団であれ個人であれ、女性が男性と社会的に平等になったときではなく、女・男ともに、個人が自分自身の選択により自己の利益を最大限に追求することができる選択権を保障されたときとされる*(13) 。.

「女の生」に寄り添った創作姿勢が共感を呼ぶ詩人、伊藤比呂美さん。離婚後、アメリカで3人の娘を育て上げ、28歳年上のパートナーを見送った. 帰国後、海外体験を元に書いた『女ひとり原始部落に入る』がベストセラーになる。80年 山口県立美術館、91年 下関市立美術館で回顧展開催。年、生誕百年を記念して東京初の大規模な回顧展が東京都現代美術館で開かれ、再評価の機運が高まっている。. 「第1の波」のとき、フェミニズムはすでに2大潮流に分かれていた。①リベラル・フェミニズムと②ソーシャル・フェミニズム(あるいはマルクス主義フェミニズム)である。主流を占めた①はさらに、いまで言うジェンダー役割を維持しようとする穏健派とそれを破ろうとする急進派に分かれる* (11)。 「第2の波」のとき、アメリカでこれら2大潮流に③ラディカル・フェミニズムが加わり、ヨーロッパ諸国や日本に急速に広まった。3者は、性差別の根源についての理解、抑圧者・抑圧構造に関する理解の点で、かなり大きな隔たりがある。また、これら3大潮流以外にも、多様なフェミニズムが展開している資料1-⑥*(12)。. 1 形態: viii, 265, 27p ; 20cm 著者名:. 80年代・女が語る - 現代女性作家研究会 出岡 直也: 地域研究・比較政治: 教授: 出岡 直也: 現代ラテン・アメリカ政治論、ラテン・アメリカ政治史. 高樹のぶ子 たかぎ・のぶこ 1946年、山口県生まれ。80年『その細き道』で作家デビュー。84『光抱く友よ』で芥川賞、94年『蔦燃』で島清恋愛文学賞、95年『水脈』で女流文学賞、99年『透光の樹』で谷崎潤一郎賞、年『hokkai』で芸術選奨文部科学大臣賞、10年『トモスイ』で川端康成文学賞受賞。 は女になるのだ」という見方を確認しているようで あった。だが当時は、「ジェンダー」は主に性役割 の考察など社会学的論文に集中的に見られ、今日の ようにあらゆる女性学研究の鍵をなす分析概念とな るには、80年代以降第二世代のフェミニスト学者た. いまや風俗嬢の「超高収入でラクして稼いでいる、消費と遊び好きな女性」というイメージは、80〜90年代の全盛期を経て過去のものとなった. 年7月 「現代中国の法構造とジェンダー ―女性の特別保護原則に関わる系譜的考察」(何燕侠:日本学術振興会外国人特別研究員・大連大学性別研究中心).

近代日本の文豪、夏目漱石の誕生から今年で150年。江戸時代に生を受けた小説家ながら、なお現代日本人の胸を打ち、世界で再評価が進む。漱石. 1 形態: 5冊 ; 20cm 著者名: 現代女性作家研究会 書誌ID: BAフォーマット: 図書. 蛙田あめこ(ライトノベル作家) 八代嘉美(幹細胞生物学者) 難波美和子(文学研究者) 大串尚代(慶應義塾大学文学部教授、ジェンダーsf研究会会員) 柏崎玲央奈(sf評論家、ジェンダーsf研究会会員) 受賞作品と講評.

<特集>80年代フェミニズムを総括する-日本女性学研究会1月例会より 江原由美子・大越愛子・織田元子・上野千鶴子・姫岡とし子 <論文> アンチ・ポルノを越えて-オーストリア女性作家の挑戦-・・・田邊玲子. msn ニュースは、国内、海外、ビジネス、テクノロジー、エンタメ、スポーツの最新ニュース、動画や写真ニュースをお届け. 一般的に、現代日本児童文学が始まったのは、1959年だと言われています。なぜなら、この年に、佐藤さとるの「だれも知らない小さな国」(その記事を参照してください)といぬいとみこの「木かげの家の小人たち」といった、今までの日本にはなかったしっかりとした骨格と散文性を備えた. アメリカ文学研究においてもっとも重要な女性作家としてすでに認められているといえるだろ う。 1) ショパンはアメリカ文学研究のコンテクストにおいて「地方色」(local color)とよばれ. 「ジェンダー」はフェミニズムが発明した新しい造語ではない。それはもともと言語学用語であり、男性語・女性語の区別をさした。しかし、「フェミニズムの第2の波」のなかで、独自の意味をおびはじめる。「ジェンダー」は、「自然的・生物学的性差」をあらわす「セックス」sexの対語として、「文化的・社会的性差」を示す語として用いられはじめたのである*(21) 。 「ジェンダー」と「セックス」の関係については、ある時点で認識が完全に変化した。初期には、「セックス」と「ジェンダー」を峻別し、「セックスがジェンダーを規定する」と理解された。しかし、このような考え方は生物学的な男女二分法を前提としており、それ自体がジェンダー・バイアスにからめとられている。生物学や精神分析学の研究により、「ひと」が生物として必ずしも男女に二分されるわけではないことが明らかになったからである* (22)。 1980年代以降、フェミニズムの「ジェンダー」概念は大きく変わる。「セックス」と「ジェンダー」の不可分の関係に着目したうえで「ジェンダーがセックスを規定する」と主張されるようになったのである。その先駆的研究とみなされ、「. 昭和20年代の大学女子教育の黎明期から現代まで、60数年間に慶應義塾で学んだ女性たち20人のドキュメント。 さまざまな分野でパイオニアとして活躍している女性たちが、学生時代、仕事と研究、家庭などについて率直に語る。. ウーマン・リブは欧米や日本など先進諸国で展開された。アメリカでは、ベティ・フリーダン『女らしさの神話*(8) 』The Feminine Mystique(1963年)の出版と全米女性組織NOWの結成(1966年)が画期をなす。フリーダンは、自分を含めた中産階級の主婦が感じる空しさゆえの不安感を「名前のない問題(得体のしれない悩み)」と提起して、大きな反響をよんだ。彼女はまもなくアメリカ最大の女性組織であるNOWを結成して、初代会長に就任する* (9)。 フランスでは、1949年にボーヴォワール『第2の性』が刊行され、のちのフェミニズムに多大な影響を与えることになる。しかし、重要な転換点となったのは1968年、Mouvement de Libe’ration des Femmes=MLF(女性解放運動)の開始である。これはアメリカのウーマン・リブにならってジャーナリズムが命名したものであるが、運動はフランス独自の発展を遂げた。ドイツでも画期はやはり1968年である。学生運動のなかから新しいフェミニズムが生まれた* (10)。 ⇒*【序論】歴史学におけるジェンダー主流化(三成美保). 1960年代後半、欧米諸国でフェミニズムが再生した。フェミニズム・ルネサンス以降のいわゆる「フェミニズムの第2の波」がジェンダー概念を再定式化したことはよく知られる。フェミニズムは19世紀を通じて女性参政権や高等教育権の獲得をめざしてきたが、20世紀初頭にそれらが達成され、運動はしだいに低迷した。沈滞をうちやぶったのが、「ウーマン・リブ」Women’s Liberation(1960-70年代の女性運動をさす)とよばれる新しい女性解放運動である。1970年代後半以降、19世紀以降のフェミニズムとの連続性と相違を意識的に示すために、ウーマン・リブ以前のフェミニズムは「第1の波」、ウーマン・リブ成立以後は「第2の波」とよびならわされている*(1)。.

塩野 七生(しおの ななみ、女性、1937年 7月7日 - )は、日本の歴史作家、小説家である。 名前の「七生」は、 7月7日 生まれであることに由来 1 。 目次.

80年代・女が語る - 現代女性作家研究会

email: sugibal@gmail.com - phone:(999) 745-3580 x 1316

中国、なんですかそれは? - 小田空 - 恋愛グルメ小説館 しま一奇

-> 日本のむかし話 花さかじじいほか全21編 - 坪田譲治
-> かんべん - 武田正敏

80年代・女が語る - 現代女性作家研究会 - 青森県の国語科 協同教育研究会


Sitemap 1

TVウォッチャーの熱情 - 荒井清和 - ポケットダイアリー